関連ページ

沿革

1932年10月
(昭和7年)
東京市深川区において「木徳製粉株式会社」の創立総会を開催。
本店 : 福岡市上小山町35番地
取締役社長 : 木村徳兵衛
資本金 : 100万円
1933年6月 福岡県筑紫郡曰佐村大字五十川743番地に福岡工場竣工。(日産能力1,000バーレル)
1935年2月 愛知県岡崎市柱町下弁当8 愛知製粉株式会社を買収、岡崎工場(日産能力200バーレル)とする。
1939年4月 中華民国上海九江路に「東福産業株式会社」を設立、「東福麺粉廠」として操業。
1940年1月 商号を「東福製粉株式会社」に変更、取締役社長に野上彦市が就任。
1941年4月 鹿児島市上荒田町729番地に鹿児島工場完成。(日産能力400バーレル)
1953年3月 福岡証券取引所に株式を上場。
1953年4月 福岡市沖浜町博多港中央埠頭西側岸壁に真空式穀物吸揚装置(ニューマチックアンローダー)能力毎時150トンが竣工。
1961年10月 東京証券取引所市場第2部に株式を上場。
1969年4月 取締役社長に野上一彦が就任。
1970年12月 岡崎工場を「岡崎トーフクボウル」(40レーン)に転換 1974年5月営業を停止。
1971年11月 鹿児島工場の生産を本社工場に統合。
「株式会社トーフク」を設立。
40レーンの「鹿児島トーフクボウル」をオープン。
1973年4月 大阪市の「互光建物株式会社」と共同出資により「東福互光株式会社」設立(現・持分法適用関連会社)九州一円で営業開始。
1978年4月 資本金を5億円に増資。
1979年7月 福岡市中央区那の津4丁目9番20号に小麦サイロ3,450トン完成。
1982年10月 創立50周年記念式典を挙行。
1986年12月 取締役社長に戸川知信が就任。
1987年6月 福岡市中央区那の津4丁目9番20号に新工場完成。本社を移転。
1989年12月 (株)山甚設立。(現・非連結子会社)
1992年6月 米穀小売業が認可され、米の販売を始める。
1992年4月 大宰府に乾麺直売店「東福庵」を開設。
1992年10月 創立60周年記念式典を挙行。
1995年12月 取締役社長に野上英一が就任。
2000年10月 ISO9001認証取得。(JQA-QM5385)
2002年10月 創立70周年記念式典を挙行。
2003年5月 本社工場内に木徳九州(株)無洗米工場落成。
2004年4月 (株)大江商店設立。(現・連結子会社)
2005年9月 鹿児島トーフクボウルの営業を停止。
2007年10月 日本製粉(株)と業務提携を締結。
2009年5月 製品の安全・安心を軸とした生産の効率化を主体とする設備投資を実施。
2012年1月 (株)トーフク(連結子会社)を吸収合併。
2012年10月 創立80周年記念式典を挙行。
2014年2月 (株)大江商店が興英商事(有)を吸収合併。
2014年8月 日本製粉(株)による株式公開買付(TOB)が成立、同社の連結子会社となる。
2015年6月 東京事務所を閉鎖。
2015年12月 取締役社長に池井一海が就任。
2016年11月 日本製粉(株)の完全子会社となる。
2017年2月 資本金を4億円に減資。
2017年6月 取締役社長に田中康紀が就任。

会社案内関連ページ